うつ病サラリーマン社会復帰ブログ

パニック障害、うつ病を抱えながら勤務したものの、閉鎖病棟へ入院。休職を経ていきなりの退職勧奨、ゼロからの転職活動にて現職場で社会復帰しました。休日は育児、さらに家計管理の大切さを痛感し、少しでも黒字化、貯金、投資ができるように模索しております。

再就職して丸一年たちました。【社会復帰】

f:id:takapapa358:20190618060643p:plain

長いようですが、あっという間の一年間でした。思い出せば一年前、不安と緊張でいっぱいでしたね。別に怒られたりするわけでもないのに、勝手に妙にピリッとしてました。

 

というのも、三ヶ月休職後退職、ハローワークや転職サイトdodaを活用しながら三ヶ月就職活動、合計六ヶ月のブランク期間があり、いきなり戦場に向かうような気持ちでした。面接では正直に六か月のブランク期間があり、その間、病院が運営しているリワークプログラム(復職プログラム)で社会復帰へのリハビリに通っていたことは伝えてありました。

 

また、入社時に病気の有無についての申告書にも、精神科へ通院歴があることも記載しておきました。

 

それでも、正社員として採用して頂いたことに感謝しつつも、早く貢献したいという思いで少しプレッシャーを自分自身にかけていたのかもしれません。

 

一年間を振り返ってみると、もちろん困難なこと、結果を出さなければならないプレッシャー、様々な人間模様、色々ありますが、今までの経験がなかなかの物だったのか、割と普通にやり過ごすことができています。私の年齢はもはや中堅ですが、入社一年目ですからそんなに大きなことをやらせないという上司の管理が行き届いているのかもしれません。

 

以前の職場でよくあったのが、異動してすぐに何か落ち度があると、途端に攻め立てられる傾向にありました。そして、誰が任せたのか?という指摘は全く無く、何をやっているんだけしからん奴だというレッテルを貼られてしまうのです。

 

そういう雰囲気は現職場には無いので、それが功を奏しているのかもしれません。

 

ただし、途中、精神薬を控えていた時期もありましたが、結果、きっちり薬は服用しております。

 

抗うつ薬SNRI イフェクサー

抗不安薬 ソラナックス(アルプラゾラム)

睡眠薬 ブロチゾラム(レンドルミン)

鬱を抑えて、不安を抑えて、しっかり眠れるような薬の布陣となっております。もちろん、何も服用せずに気持ちの切り替えだけでうまく乗り切ることができればいいのでしょうけど。

 

それができれば、こういう風にはなってなかったと言い聞かせるしかありませんね。では、肝心の効果のほどはいかに。

 

気持ちの面ではあまり変化がないというのが正直なところ。相も変わらず、早朝、四時や五時に目覚めてしまいます。元々、寝つきの方は良い方なのですが。

 

体調の面では少し効果を感じられます。緊張感を超えて、心臓がきしむような感覚はだいぶ低減されました。手足のふるえも収まったように思われます。

 

気持ちの面ではすぐれなくても、だいぶ楽には感じています。さて、引き続きあまり無理せずに淡々と業務をこなしていきます。

 

www.takapapa0358.com

www.takapapa0358.com