うつ病サラリーマン社会復帰ブログ

パニック障害、うつ病を抱えながら勤務したものの、閉鎖病棟へ入院。休職を経ていきなりの退職勧奨、ゼロからの転職活動にて現職場で社会復帰しました。休日は育児、さらに家計管理の大切さを痛感し、少しでも黒字化、貯金、投資ができるように模索しております。

ひきこもり時代ありました。【日記】

f:id:takapapa358:20190409221713p:plain

最近、ご年配の方のひきこもり事情について、ニュースで取り上げられていました。何を隠そう、私自身、ひきこもり時代がありました。

 

新卒で入社した会社を一年で退職

 

新卒で入社した会社を一年で体力の限界を感じ、退職しました。製造現場で、朝8時から夜25時まで動きっぱなし、それが一ヶ月続いたところ、体が動かなくなってしまいました。

 

およそ三ヶ月間、療養兼、学生時代のアルバイト先で少し働かせてもらいながら、就職活動し、次の就職先と出会いました。

 

それからおよそ半年後、なぜか会社と自宅の行き帰り以外は、一切、外出しませんでした。いや、できませんでした、の方が正確かもしれません。

 

バラ色の新卒社会人生活からいきなり脱落し、打ち込む趣味も無く、夢も希望も失っていた頃です。だから、街ゆく人々の楽しそうな様子を見るのが辛くてたまらなかったのでしょう。

 

金曜日の夜はビデオレンタルショップで映画レンタルし、またお菓子や飲み物を買い込んで週末を過ごすのです。長期連休は、シリーズ物の映画を全巻レンタルして連休をやり過ごしました。そんな生活が、一年程続きました。

 

音楽フェス、ライブに行くように

 

そんな生活から少しづつ脱出できたきっかけは、会社の同期から無理矢理誘われた、とある音楽フェスでした。カウントダウンジャパン07/08という、年末にある音楽フェスです。会場がいくつもあり、たくさんの邦楽ロックアーティストがライブを行います。

 

ただいかんせん、私、邦楽ロックはあまり興味がありませんでした。学生の時から、ヘヴィメタルばかり聴いていたので。

 

リンキンパーク、スリップノット、コーン、リンプビスキット、マリリンマンソン、システムオブアダウン、エヴァネッセンス、というバンド名でピンとくる方はいらっしゃいますでしょうか。

 

せっかく行くのだから予習をしようということで、エルレガーデンや10-feetというバンドは聴かず嫌いだったようで、気に入りました。

 

それからですね、音楽フェスやライブに行くようになり、また同じアーティストが好きな人同士でカラオケオフ会に参加したりと、次第に外に出向くことが多くなりました。特に、マキシマムザホルモンというバンドはずっと今でも好きです。

 

音楽がきっかけで、私のひきこもり癖は治りました。

2年程音楽イベントに夢中でしたが、手に何か技術を付けたいということで、会社で盛り上がっていたゴルフを始めることとなりました。ちょうど、石川遼フィーバーの頃です。今度は、とにかく会社以外ではゴルフのことばかり考えたり、練習ばかりの日々が続くのです。

 

こんな日が来るとは当時は全く予想していませんでした。

www.takapapa0358.com