うつ病サラリーマン社会復帰ブログ

パニック障害、うつ病を抱えながら勤務したものの、閉鎖病棟へ入院。休職を経ていきなりの退職勧奨、ゼロからの転職活動にて現職場で社会復帰しました。休日は育児、さらに家計管理の大切さを痛感し、少しでも黒字化、貯金、投資ができるように模索しております。

Ymobile契約しました【家計管理】

f:id:takapapa358:20190210215835p:plain

Ymobileへ契約しました。

ちょうど携帯電話会社の更新月が近づいてきており、どうしようか悩んでおりました。

 

・手続きが面倒なので、そのまま自動更新

・マイナンバーポータビリティMNPにて、他社へ新規契約

・現在の機種はそのままで、SIMだけ格安会社にて新規契約

 

結果、YmobileにてSIMを入れ替えしました。現在のiphone7plusをもう少し、というか壊れる限界まで使おうと思います。その頃には、立体ホログラムになって、いわゆるスマホ首にならないように、正面で画面を閲覧できるようになっているかもしれません。

 

私のスマホの活用方法は、メール・電話・ネットサーフィンに加えて、グーグルマップ、株式投資アプリ、日経新聞購読、youtube、などですね。私は、ポケットベル、通称、ポケベルが最初の携帯端末でした。ポケベルが鳴らなくて、という名曲をふと思い出しました。

 

例えば「11 12 32 44 83」という番号を電話でプッシュすると、相手のポケベルに「あいしてる」と表示されるわけです。さらに顔文字ができたときは驚きでした。

 

それからはPHSが普及し、携帯電話へと移行したのはあっという間でした。さらに、折りたたみ携帯、カメラ付き携帯、カラー携帯、というようにモデルが出るたびに色々な技術が盛り込まれていました。また、春夏秋冬、よくモデルチェンジしてましたね。

 

私は、特に電話とメールができればええやん、というタイプだったので、一台を2年3年と、電池パックは新調しながら使ってました。ちなみに妻は、1年で買い替えていたそうです。

 

話はそれましたが、月々の料金がおよそ半額になりました。プランは真ん中のM、6GBで、今なら2年間は9GBまで使えるようです。そして、妻はしばらく経過観察して、乗り換えるかどうか決めるそうです。

 

私の家計管理方法として、ざっくり家計簿をモットーとしております。あまり細かくやり過ぎて続かないと意味がないので、基本的に500円単位、レシートは取っておかない、ただし、自分のお小遣いの支出は1000円単位でメモしておく、というスタイルです。

 

今までは電気代、通信費、水道代など固定支出費は把握はしておりましたが、それを下げていこう、という意識はあまりありませんでした。文字通り、固定、なので、家計全体から下げるべきなのは、夫(自分)の支出を減らすべきだ、と考えておりました。

 

自分で家計管理すると、衝動買いが全くできなくなりました。

 

ちなみに、私の設定お小遣いは19000円です。

ガソリン代、美容院代、など経費は別としております。

使い道は、本とコンビニでの飲み物ぐらいでしょうか。

 

自分で家計管理するようになってもうすぐ一年になりますが、初めて固定費を見直しました。

 

追記2018.2.21

ついに、私の妻もYmobileに加入しました。

これで家族割引も効くようになりました。

今現在のところ、通信速度、電話等、問題なく使用できております。

 

こんなときもあります。

www.takapapa0358.com