うつ病サラリーマン社会復帰ブログ

パニック障害、うつ病を抱えながら勤務したものの、閉鎖病棟へ入院。休職を経ていきなりの退職勧奨、ゼロからの転職活動にて現職場で社会復帰しました。休日は育児、さらに家計管理の大切さを痛感し、少しでも黒字化、貯金、投資ができるように模索しております。

計画実行当日=うつ病からの自分探しの旅=

f:id:takapapa358:20190122203855p:plain

練りに練った計画を実行する日がやってきました。

二つのプロジェクトも大体段取りができ、月曜朝一、始業前に客先に報告メールを済ませて、上司に体調不良を申し出て、その日は帰宅しました。

妻にはちょっと出掛けてくる、とだけ伝えて、私は旅に出ることにしました。

 

片道切符の自分探しの旅です。

 

良かったのか、悪かったのか、計画していた場所は前日の大雨で通行止めでした。進路変更して、周辺をさまよっておりました。良さそうな場所を見つけました。

 

そこからは・・・ちょっと書けません。

 

結果的には一晩を過ごして、二日目の夜、ウトウトしていたら、ライトを照らされ、眩しいなと思ったらお巡りさんに見つかりました。両足がケガして動けなかったので、抱きかかえられ、パトカーに連れられ警察署でカップラーメンを頂きました。妻が駆けつけてくれて、自宅へ帰りました。

 

一日目は届け出を出して、二日目は無断欠勤をしてしまったので、翌日、両足が激痛でしたが、ちゃんと出勤しました。普通に席に着いて、仕事をしようとしていたら、上司に呼び出され、色々と聞かれました。

 

とにかく、仕事のことは考えずに、少し休むこと。

両足がとにかく痛かったので、病院へ連れてってもらいました。

 

それがその会社との最後のお別れとなりました。

 

病院での検査結果、両足は打撲だが、肝臓の働きが悪く、すぐにもっと大きな病院で診てもらう必要がある、ということで、すぐに救急車に運ばれました。そのお医者さんの言葉が今でも覚えております。

 

私は医者であり、あなたはどうあれ、私はあなたを治す義務がある。

 

地元の総合病院で数日間、入院となりました。

この入院は、地獄でした。

食事は味気ない、点滴は痛い、寝っぱなしの腰は痛い、やることない、何でこんな目に遭わないといけないんだ、という思いばかりでした。

肉体的には回復しつつあり、退院を迎えました。

精神的にはやはり厳しいということで、自宅に帰ることもなく、紹介して頂いた精神科の閉鎖病棟へ入院することになりました。

 

病棟へ入る際は荷物チェックがあり、刃物や薬は申請が必要で、ほとんど携帯と衣服のみで部屋へ入りました。部屋は個室で、思ったよりも綺麗で、普通にビジネスホテル並みでした。閉鎖病棟なので、やることは一つ、部屋でテレビを観るか、携帯をいじるか、だけです。

 

担当の看護師さんと面談があり、とにかく仕事のことは考えず休むこと、というミッションが与えられました。

 

ここでの入院は一ヶ月過ごすことになりました。