うつ病サラリーマン社会復帰ブログ

パニック障害、うつ病を抱えながら勤務したものの、閉鎖病棟へ入院。休職を経ていきなりの退職勧奨、ゼロからの転職活動にて現職場で社会復帰しました。休日は育児、さらに家計管理の大切さを痛感し、少しでも黒字化、貯金、投資ができるように模索しております。

うつ病のきっかけ

大学卒業後、新卒で入社した会社を1年間で退職しました。

私の調査不足の可能性はありますが、入社前の3月に、契約社員として働いてもらう、と突然言われました。てっきり正社員として内定を頂いたはず・・・なのに、当時は舞い上がっており、うまく言いくるめられたような形になりました。その状況で意気揚々と社会人生活が始まりましたが、社会の荒波に早速揉まれました。

 

また、営業職で内定を頂いたはずが、工場勤務からのスタートとなりました。

3ヶ月ぐらい経って少し慣れてきてからでしょうか、残業が始まります。いきなり、4時間~5時間のサービス残業です。夏は暑く、意識朦朧の中、作業しておりました。不注意による労働災害も経験しました。

 

なんとか、フラフラになりながらも続けておりましたが、2月になると、24時、25時、26時と帰社時間がドンドン遅くなるようになりました。そうなると、冷静な判断ができず、ついに、出社できなくなってしまいました。社会人としてのマナーとか、退職するための段取りとか、そんなことを考える余裕は無く、ただただ命の危険を感じ、体が言うことを聞かなくなってしまったのです。

 

3月に一度だけ出社して、さんざん罵声を受け、口頭で退職したいと告げ、すぐに退職願いを提出しました。

 

そこから、長い長い、精神病との付き合いが始まるのです。