うつ病サラリーマン社会復帰ブログ

パニック障害、うつ病を抱えながら勤務したものの、閉鎖病棟へ入院。休職を経ていきなりの退職勧奨、ゼロからの転職活動にて現職場で社会復帰しました。休日は育児、さらに家計管理の大切さを痛感し、少しでも黒字化、貯金、投資ができるように模索しております。

3000円投資生活【投資】

2018年4月から妻から家計管理を任されております。

実質は出し入れが激しすぎて、面倒見切れないといったところでしょうか。

たしかに、休職してすっかり復職できると思い込んでおり、結果、退職勧奨になり、自己都合による退職という形になりました。会社の方からは、とにかく仕事のことは考えずに、万全のフォロー体制を整えているという言葉を信じ、3ヶ月間、自費にてリハビリに励んでおりました。

 

リハビリというのは、精神科の復職支援プログラム、リワークというものです。

 

早く社会復帰をしたかったので精神病棟で1ヶ月入院、同じ病院内での復職支援プログラムに通うことにしました。朝9時から始まり、夕方4時まで、読み書き、コミュニケーションといった休職により鈍ってしまったものを取り戻す訓練です。具体的にはグループでの認知行動療法、個人毎に与えられたテーマについて自習、グループ毎に与えられたテーマについて調査して発表、などなど個人での自習からグループでの発表会まで様々なプログラムが組まれております。

 

色々と思い出してみると、膨大な量になりそうなので少し割愛します。

 

ずっと妻任せにしていた家計管理を急きょ、私が行うことになったのです。

それはそれは大変でした。出ていく量が多く、入る量はほとんど決まっているので、まず実行したことは、とにかく書き出すこと。

 

そんなときに出会ったのが上記の本でした。

投資、とありますが、家計支出の黄金律などまずは家計をとにかく黒字化することについて明言されております。いきなり、〇円節約、お得〇術、などマジックのようなことはできませんでした。とにかく、書き出して把握する、この第一歩からスタートしました。